食事を我慢せずに痩せれる魔法の薬、「脂肪阻害剤」について

個人輸入代行サービスを利用する

 cure

ゼニカルは海外では肥満の治療薬として一般的なのですが、日本では薬局で市販されていないこともあり、あまりメジャーとは言えません。
一応国内でも医師の処方箋があれば手に入れることができますが、ゼニカルは保険適用外の薬なので、かなり高額になってしまうこともあります。
そんな状況なので、最近はゼニカルを個人輸入する方法に注目が集まっています。実はゼニカルは日本で市販されていないだけで、海外では普通に販売されています。
日本の薬事法は販売を規制しても、個人利用のために薬を輸入することについては規制していないので、個人輸入することで簡単にゼニカルを購入できるのです。

個人輸入と聞くと、すごくややこしそうな感じがしますが、実際は非常に簡単です。
ネット上には様々な個人輸入代行サービスが存在し、面倒な輸入手続きを全て代行してくれるので、普通の通販と同じ感覚で薬を購入することができます。
しかも海外から輸入する場合だと、診察費などもかからないので、病院よりも安価でゼニカルを購入することができます。

個人輸入代行サービスが扱う薬の中には、ゼニカルのジェネリックも存在します。ゼニカル以外にもオルリスタットを含む薬なら同じような働きが期待できるので、自分の出せる金額に応じた他の脂肪阻害剤を探してみるのも良いでしょう。
また、先ほど紹介したように、ゼニカルによって不足してしまいがちな栄養素を補うことができるマルチビタミンサプリも一緒に取り扱っていますので、できれば両方とも購入しておきましょう。